【徹底比較】リンクまとめサービス「lit.link」と「linktree」の違いは?徹底比較します!

数あるSNSのリンクを一つのページにまとめて紹介することのできる、リンクおまとめサービス。

今回は、リンクおまとめサービスで有名なlinktree(リンクツリー)の無料版と、
最近人気急上昇のlit.link(リットリンク)。

この二つを徹底比較していきます!

この記事はこんな人にオススメ

・リンクおまとめサービスを使いたい
・lit.linkとlinktreeの違いを知りたい
・現在linktreeを使っている

まりのアイコン画像まり

私は実際に二つとも使ってみました!

筆者の出した結論

リンクおまとめサービスは断然
lit.link(リットリンク)がオススメ

この記事を最後まで見るとlit.linkを使いたくなると思います。

まずは違いを徹底的に比較してみましょう!

目次

lit.linkとlinktreeの違いを徹底比較

lit.linkとlinktree無料版の「6つ」の違い

hint.lit.linkより引用

こちらはlit.linkの公式が出しているlinktreeとの比較画像です。

具体的にどう違うのか?掘り下げていきます。

テンプレ使用

lit.link  テンプレート有り
linktree テンプレート無し

lit.link

一発でオシャレなリンクまとめ集ができるように、テンプレートが用意されています。

lit.linkのテンプレ一覧

カスタマイズが苦手な人や、デザインに時間を費やしたくない人にオススメの機能。

誰でも簡単にオシャレなリンク集が作れます。

linktree

テンプレートが用意されていません。

そもそもテンプレを使うほど複雑な操作がないため、その面ではlit.linkより簡単に作れます。

背景画像設定

lit.link  背景画像の設定ができる
linktree 背景画像の設定はできない

lit.link

背景画像がかなり自由に選べます。

背景画像の選択肢

・好きな画像をアップロード
・lit.linkで用意されている画像
・単色+グラデーション

種類も多いため、他の人とデザインが丸かぶりすることが無いのも魅力的。

もちろん自分の好きな画像をアップロードすることもできるし、シンプルな単色にすることも。


背景だけで幅広い選択肢があります。

linktree

無料版では背景の選択肢がかなり少ないです。

少し凝ったデザインになると『PRO』マークがついており、有料でしか使えないことが分かります。

linktreeの背景選択画面

「シンプルで良いんだ!」という人には向いているかもしれませんが、自由度はかなり低いです。

ボタン形状変更

lit.link  ボタンの形状変更できる
linktree ボタンの形状変更できない

lit.link

リンクボタンの種類を選ぶことができます。

lit.linkのリンク形状一覧

この機能を使えば、他の人と被ることはほぼ無いです。

リンクによって形状を変更して自分なりのデザインにすることができます。

まりのアイコン画像まり

私もリンクボタンを色々変えて、カスタマイズを楽しんでいます♪

私のlit.linkページ(一部)

linktree

残念ながらリンクの形状は変えられません。

同じ無料で使えるlit.linkと比べると、やはりリンク形状を変えられる方がユーザーにも見やすいです。

私のlinktreeページ
まりのアイコン画像まり

ここまででだいぶデザインの差がついてきたのが分かります。

サムネイル設定

lit.link  サムネイル設定できる
linktree サムネイル設定できない

lit.link

私はブログ記事をリンクしていますが、サムネイルの設定ができます。

この機能はブロガーやYouTuberにはとてもオススメできる機能です。

サムネイルがあるのとないのとでは、見栄えもかなり変わります。

linktree

ボタン部分に画像を挿入することができますが、サムネイルにはなりません。

また、1:1サイズじゃないと入らないため、
ブログ記事やYouTubeのサムネイルを入れるには不向きです。

アナリティクス対応

lit.link  アナリティクス対応あり
linktree アナリティクス対応なし

lit.link

アナリティクスのデータ取得には少し制限がありますが、それでも閲覧数やクリック数を毎日確認することができます。

データが欲しい人にとってはこの機能は嬉しいポイント。

クリック率を見て改善点も見えてきますし、役立つ機能です。

linktree

有料版ではアクセス解析可能ですが、無料版ではアクセス解析ができません。

日本語対応

lit.link  日本語対応あり
linktree 日本語対応なし

lit.link

日本語対応なので、分からないことはまずありません。

linktree

リンクまとめサービスとして有名で、いまだに使っている人も多いlinktree。
ですが、まさかの日本語対応無し

私は英語ができないので、登録するだけで一苦労。解説記事を見ながらなんとか登録しました。

PRO版はかなり多くの機能が使えそうですが、そもそも全て英語

たくさん機能がついていても全てを使いこなせる自信がありません。

私が感じたlit.linkとlinktree無料版の「3つ」の違い

lit.linkとlinktreeの比較画像

ここまではlit.linkの公式が出している違いに基づいて比較してきましたが、ここからは私が感じている違いを比較していきます。

オシャレ度

lit.link  オシャレ度◎
linktree オシャレ度△

オシャレ度は一目瞭然。
何も言わなくても画像のみで伝わるはずです。。

自由度

lit.link  自由度◎
linktree 自由度△

これまで比べてきた機能でも分かるように、lit.linkは無料でできることが多すぎます。

無料で自由度が高いに越したことはありません。

簡単さ

lit.link  簡単さ◎
linktree 簡単さ△

まずlinktreeは日本語対応していないので登録から一苦労

lit.linkはもちろん日本語対応ですし、編集画面も分かりやすいので簡単に設定できます。



ここまで二つのサービスの違いを見てきましたが、やはり筆者はlit.linkが超オススメです。

「lit.linkを作りたい!」

と早速思ってくれた方は、ぜひこちらの記事を参考に登録を進めてみて下さい。

\ 最短1分で登録できます /

もうlit.linkを作成しているけど、
「ここまでデザインにこだわれていない!」
という人は、是非こちらの記事を参考に素敵なリンク集を作ってみて下さい♡

まとめ:リンクまとめサービスはlinktreeよりlit.linkが断然おすすめ!

筆者の出した結論

リンクおまとめサービスは断然
lit.link(リットリンク)がオススメ

今回はlit.linkとlinktreeを徹底比較してみました。

違いを分かった上で、自分に合ったサービスを選んでみて下さい。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

ランキング支援をお願いします!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアはこちらから

コメント

コメントする

目次
閉じる